神戸六甲味噌だれ【餃子屋 赤星】神戸三宮

akaboshi-topGourmet | グルメ

2022年1月12日来店

ディナータイム

「餃子屋 赤星」

に行ってきた。

ここは、三宮・本町でブームになった”ローストビーフ丼”のRed Rockと同じグループの店だ

ローストビーフ丼とアメリカンステーキのお店|レッドロック
神戸・東京で話題の「レッドロック」では、お洒落なバルスタイルで、人気商品「ローストビーフ丼」「ステーキ丼」など自慢の肉料理を提供しております。

それ以外にも、立ち飲み屋のスタンドclassicやひつじやジンギスカンなど多種多様な飲食店を展開している

今回は、餃子屋の”赤星”へと向かう

“ひょうたん”や”赤萬”などの餃子屋が立ち並ぶ激戦区にある

そんな中、”餃子屋 赤星”に到着

ディスプレイには美味しそうな中華そばやチャーハンが並ぶ

餃子に赤星ビール

こちらがメニューの一部

餃子以外にも、小籠包、ラーメン、炒飯などが並ぶ

店内は、こんな感じ

広々とした店内で42席ある

1人でフラット入って一杯やるのもいい

この明るくて清潔感のある店内は女性グループでも楽しめるだろう

餃子中心にさまざまな料理を食す

本日は4人で来店

まずは、ビールで乾杯!!

まずは、赤星ビールではなく”生ビール”で

キンキンに冷えたグラスに注がれた生ビール

寒い冬でもあったかい店内でいただくビールは美味しい

スピードメニューも充実していて、”旨塩きゅうり”と”燻製半熟煮卵”を注文

餃子が来る前にタレをセッティング

餃子のタレが豊富に置かれている

神戸っこが愛する味噌だれ、”神戸六甲味噌”がある

餃子タレと酢を混ぜて作った王道タレと味噌ダレの2種を用意して待つ

メインの登場!!

デーーーん!!

“サッポロラガー赤星大瓶”の登場だ!!

赤星を飲める店が少ないので見つけたら頼みたくなる

昔ながらの赤星ビールはなんと明治10年に発売されたものらしい

赤星は北極星をイメージしているようだ

強めの苦味とスッキリ感これが美味しい!!

さてさて、”赤星ビール”が来たところで本当もメインの登場

焼き餃子

デーーーん!!

肉汁が飛び出すので猫舌の人は注意!!

うーん。うまい!!

ニンニクが多めで、青森産のニンニクを使用しているそうだ

タレの配合が重要で、酢や山椒ラー油の分量が難しい

餃子を美味しく食べるための今後課題は”タレの配合”だろう

シンプルに”酢コショー”か”神戸六甲味噌だれ”が無難だろうが

やはり最高に美味しく食べれるタレの配合を探したい!!

餃子のタレの配合は餃子を待つまでの楽しみでもある!!

梅しそ餃子

こちらは、焼き餃子の横に梅だれが付いている

さっぱりと餃子を食べたい人はこちらが良いのかも

ニンニクとラー油を効かせて食べたい派の人は通常の焼き餃子が良いだろう

肉汁飛び出す小籠包

上の窪みに醤油をちょろっと垂らして食す

熱々なので火傷しない程度まで冷まして食べる派だ

もちっとした皮だが破れやすいので注意!!

肉餡たっぷりで小籠包スプーンに溢れそうになる肉汁

それをこぼさないように一気に口の中に

優しい生地に包まれたほんのり甘みのある肉餡は最高だ

それ以外にも、

“蒸し鶏”

“焼き生姜餃子”

“水餃子”

“シュウマイ”

を注文

お酒も進む、食欲も進む

餃子を食べに行ったが目移りして色々食べてしまった

豊富なメニューの餃子屋さん

餃子屋と屋号にあるが、街中華のような品数だ

ラーメンがあり、チャーハンもある

こだわりの餃子に小籠包など

餃子のタレが豊富なのでやはり餃子が看板商品なのだろう

さらっと入店して、餃子と瓶ビールも良いだろう

4人程度でワイワイ品数頼むのも良いだろう

いろいろな使い方が出来るお店”赤星”だと思う

餃子屋赤星 神戸 三宮

三宮駅から徒歩3分

営業時間

月〜金
17時〜LO23時30分

土日
ランチ 12時〜LO14時30分
ディナー17時〜LO23時30分

定休日 なし

公式HP : 赤星

食べログ : 赤星

全席喫煙可 カード支払可

本日のお会計

焼き餃子

梅しそ餃子

焼き生姜餃子

水餃子

小籠包などなど

生ビール、瓶ビール、紹興酒など

以上(1人当たり)

約3,000円 也

↓あなたの気になるタグでサイト内検索↓

コメント