PR
スポンサーリンク

大阪湾を一望しながら、生のラム肉【六甲山ジンギスカンパレス】神戸市灘区

ジンギスカンパレス
記事内に広告が含まれています。

2021年6月6日来店

ランチタイムに「六甲山ジンギスカンパレス」に行ってきた。

六甲山ジンギスカンパレス

六甲山に昔からあるジンギスカン専門店

六甲山ガーデンテラス内にあるこのお店

近くには、高山植物園や、リニューアルしたばかりのアスレチック、オルゴールミュージアムなどがある

山登りで来る人や、家族連れで来る人で賑わっていた

特に、アスレチックに至っては、駐車場満車の有り様だ

そんな中、僕の興味はジンギスカンだ!

噂では、20年以上前から営業している老舗だそうだ

2020年4月にリニューアルされ、非常に綺麗なお店になっていた

昔の写真があったので、拝借。

こちらは、昭和時代のレジャー施設の雰囲気を漂わせている

店内も綺麗、そして景色が素晴らしい

店内は、天井が高く、円形の作りと大阪〜神戸の街並みを見下ろすように東西に広がっている。

店内中央では広々とした空間が広がり、窓側の席では絶景を楽しめる。

どうせなら、夜に来たいお店だ。

夜景を楽しむためにも店内は茶色を基調とした落ち着いた内装だ。

僕の座った席は窓側だったので、こんな感じだ。

天気も良く、大阪湾の景色を一望出来たのだが、スマホの写真ではこれが限界だった。

生ラムが食べられるお店!

席に座り、ランチメニューを確認。

ジンギスカンと言えば、冷凍されたラム肉が主流であるが、ここのは一度の冷凍されていない「生ラム」だ。

上の写真は、ランチセットの通常のラム肉で、下が生ラムだ。

色と言い、弾力感と言い生ラムの方が魅力的に見える。

さて、焼いていこう!!

まずは、油をしっかりひいて、まずはランチメニューの「本日のラムランチ」を堪能しよう!

良い匂いが充満してきた。

そして、ラム肉をまずは塩で食した。

羊肉は臭いイメージがあり、嫌がる人もいたが臭みはほぼない!ほぼないのだ!

相当のジンギスカン嫌いは苦手だろうが、通常の焼肉のように食べられる。

そんな中に、ラム肉の旨味とラム肉ならではのクセを感じられる。

ラム肉が少し苦手という方は、塩ではなくタレで食べると良いだろう!タレの風味でラム肉の独特の臭みは全て消せる!

ご飯との相性も抜群だ!

いよいよ登場!生ラム肉!

デーん!!

本日の目玉である、「生ラム肉」を焼いていこう!!!

通常のラム肉とは違い、もちもち感が半端ない!

そして、生ラム肉の方が格段に美味しい!

臭みは通常のラム肉よりなく、歯応え抜群なのに、程よく柔らかい!

こんなラム肉は食べたことがないくらい美味しい。塩を軽くつけて食べるのが一番シンプルで美味しい!!

想像するだけで、生ラムとビールは相性いいだろう!骨つき生ラムなんて最高だ。

食べ放題や、神戸牛コースもあるのでラムをガッツリ食べたい人、美味しい神戸ビーフを夜景と共に食べたい人はぜひ行ってみて欲しい。

帰りは、六甲山まで来たので高山植物園で少しお散歩を!

アジサイの時期はまだ少し先だったが、楽しい食後のウォーキングになった。

ジンギスカンパレス 神戸市灘区

営業時間

4月1日~11月30日/11:00~20:00
12月1日~1月上旬の平日/11:00~17:00
12月1日~1月上旬の土日祝/11:00~19:00
1月中旬~3月中旬/11:00~17:00
※悪天候の場合は、短縮営業あり。
※休日(土日祝)は随時延長営業あり。
日曜営業

定休日

無休(1月中旬~3月中旬のみ火曜定休)

公式HP : ジンギスカンパレス

食べログ : ジンギスカンパレス

本日のお会計

本日のラムランチ 1,700円

生ラムセット 1,000円

ご飯おかわり 300円

以上 3,000円 也

↓あなたの気になるタグでサイト内検索↓

コメント