PR
スポンサーリンク

明石に旅行したらまずは明石焼【かねひで】 明石 魚の棚

kanehide-top
記事内に広告が含まれています。

2022年8月11日来店

ランチータイム

「かねひで」

に行ってきた

JR明石または、山陽明石駅から海(南)側へ約5分
明石魚の棚商店街にある

本日は、お盆と言うことで近場の観光をするために明石までやってきた

お昼は、やはり名物の”明石焼”

そこそこの混み具合

老舗天ぷら屋の明石焼

フラッと入ったのがこちらの”かねひで”
古いように見えて綺麗な店構え

客引きをして呼び込みをしている店もあったが、こちらのシンプルで老舗感のあるお店にした

2006年OPENだが、それまでは50年以上天ぷら屋をしていたそうだ

タコ・たこ・蛸のお品書き

店内は、テーブル席4人×5・テーブル席2人×1で、広々間隔が取られている
旅行バッグやベビーカーなど大荷物できても大丈夫な仕様

家族連れや旅行客にオススメだ

↓メニューはこちら↓

明石焼に蛸めし、たこの天ぷらなど嬉しいメニューが並ぶ
もちろん、明石海峡で獲れた”タコ”だ

と言うことで、

本日のランチ

明石焼セット 930円

たこ飯 700円

明石海峡で獲れたタコを羅臼昆布で

“たこ飯”

デーーーん!!

干しダコは、噛みごたえたっぷりで、ほんのり甘い
タコの出汁と羅臼昆布でとった出汁で炊き上げていて優しい味に

おこげ部分は味が染みていて濃い味を楽しめる

明石名物”卵焼き”

“明石焼セット”

明石焼が15個とたこ飯のセットだ

言うまでもなく明石焼はふわふわだ
お箸で持つと今にも崩れそう

熱々なのでお出汁に浸していただいた

ふわふわでとろとろの卵焼きに歯応えのあるたこ、、、
生地は羅臼昆布・鰹をベースにしており甘味とコクのある味、、、
つけ汁も羅臼昆布を使用しており身体に優しい味、、、
ソースで食べてもみたが”たこ焼き感”が強くなった、、、
やっぱり、明石焼はつけ出汁と薬味の三つ葉とネギが一番だ、、、

明石に来たらまずは明石焼

他にも食べ歩きをしようと思っていたが”明石焼”は意外とお腹にずしっと来る

食堂のような雰囲気のお店でお母さん方が丁寧に明石焼を焼いてくれる

魚の棚商店街にはたくさんの明石焼を扱っているお店があるが、こちらはタコ料理にこだわったお店

一度、明石の名物を現地で食べてみてほしい😁

ご馳走様でした

【かねひで】明石 魚の棚商店街

明石駅から徒歩5分

営業時間:

平 日:11:00~15:00
土日祝:11:00〜17:00

定休日:木・第二水曜日

住所:明石市本町1丁目5-20(魚の棚商店街内)

公式HP : かねひで

食べログ : かねひで

完全禁煙 現金のみ

本日のお会計

明石焼セット 930円

たこ飯 700円

以上(2人で)

1,630円 也

↓あなたの気になるタグでサイト内検索↓

コメント