PR
スポンサーリンク

江戸前鮨をこの価格で!!【鮨処 順】神戸店三宮

sushijun-top
記事内に広告が含まれています。

2021年12月24日来店

ディナータイム

「鮨処 順 神戸店」

に行ってきた。

クリスマスは、毎年和食

なぜなら空いている可能性が高いから

ということで、最近移転オープンした”順”へ

2日前の予約だったがカウンター席2名が運よく空いていた

老舗の江戸前鮨

昭和35年創業の”寿司順”

銀座に本店を構える本格江戸前寿司だ

神戸店は前まではSOGOに入っていたらしい

今年の11月6日に現在の場所に移転したようだ

板前さん曰く、移転後は毎日忙しく、繁盛しているらしい

実際に来店日にはカウンターがほぼ満席で僕ら以外は常連さんだったようだ

さすがに、今日はクリスマスイヴ

普通は、寿司よりもフレンチやイタリアンに足を運ぶだろう

でも、今日はその逆を狙ってチキンではなく寿司を片手にクリスマスイブを過ごしたい

さて、お店に到着

“春夏冬中”の立て札が

これは、秋がないということで”秋ない”→”商い”

“商い中”という意味だ

江戸っ子らしいというか落語に出てきそうな表現で面白い

移転オープンしたてということもあって、たくさんの胡蝶蘭がずらり

お得なランチセットから本格コースまで

さて、”寿司順”は、ランチやお得なセットは2000円台から食べられるリーズナブルな寿司屋でもある

おまかせ握り10巻は、なんと3630円だ

10巻中2巻は好きなものを頼めるところも嬉しい!

僕ならアワビやノドグロなんかを頼むだろう

ネタは、近くの神戸卸売市場や本店の銀座から仕入れるそうだ

本日は、奮発して1番高いコースの”おまかせ順コース”を注文

味よしコスパよしのおまかせコース

さて、おまかせ順コースを楽しもう!!

清潔な店内、目の前で握ってくれる鮨、多数のネタが綺麗に並べられている

まずは、乾杯!!

突き出し

これが1番美味しかったと言っても過言ではない

カニにウニの組み合わせは最高だ

ひらめ

薄く切ったヒラメに芽ネギをくるんで、ポン酢でいただく

あっさりしていてコリコリとした食感のヒラメとシャリっとした食感の芽ネギはなんぼでも食べられそうだ

ふぐにカワハギのキモ

デーーーん!!

カワハギのキモ!これが世界で1番美味しいキモだろう

冬にかけて旬となるカワハギとフグのマリアージュを食す幸せ

まぐろ

言わずと知れた王道のまぐろ

ぶりあぶり

冬のぶりは脂が乗ってて美味い

クエ昆布締め

こちらも冬に美味しくなるクエ

関西では超高級魚だ

甘エビ お味噌は炙り

甘すぎる甘エビ

生のまま輸送されてきたそうで新鮮だ

トロッとした味噌とアクセントにわさびを一緒に食べるとさらに美味しい

お造りが終わったところで、お酒をおかわり

スッキリ白ワイン、シャルドネのハーフボトルを注文

さて、握りをいただこう

鮨皿には、板前さんが目の前で切ってくれたガリが置かれた

甘さは控えめでスッキリしたガリだ

まずは、たまご

甘く、とろけるたまごだ

とろ

とろける

“トロ”はトロッとしているから”トロ”だそうだが、本当にトロッとしている

ひらめえんがわ

淡白な味だが、甘味がある

まぐろ

言うまでもない本物のマグロの旨さ

赤貝

アワビも好きだが、最近は赤貝にハマっている

赤貝は、江戸前鮨での超高級食材だ

コリコリ食感と少しの磯の香り

最高だ!!

はりいか

コリコリ食感が美味しい

生のホタテ

とろけるホタテは、ホタテが苦手な人でもいけるだろう!!

流通しているホタテやウニがダメな人も北海道の生のモノは食べれる人がいると思うが、まさにそれだ

あじ

味が良いから”アジ”

しろえび

穴子

握りの途中には、一品や汁物も到着

最後は、糖度が高く、蜜が詰まったデザートが到着

満足いくお造りとお鮨

シャリコマな感じのお鮨だったが、コースだけで十分お腹が満たされた

もちろん、板前さんが食べるスピードを見ながら鮨を提供してくれる

ゆっくりお酒を飲みながらお鮨を楽しむ

これが至高の時間である

板前さんのトークも、こちらの会話の邪魔をせず居心地の良い場所だった

鮨処 順 神戸店 三宮

三宮駅から徒歩5分

営業時間
11:00~21:30(L.O.21:00)

定休日なし

公式HP : 鮨処 順

食べログ : 鮨処 順

完全禁煙 全席喫煙可 現金払いのみ(電子マネー可) カード可

本日のお会計

おまかせ順コース×2

ビール、ワイン、烏龍茶など

以上 21,200円 也

↓あなたの気になるタグでサイト内検索↓

コメント