見た目は和食・食べるとイタリアン【御料理 うみ】 神戸三宮

umi-topGourmet | グルメ

2021年11月2日来店

ディナータイムに「御料理 うみ」に行ってきた。

旧店名、”イタリアン割烹 海”が

御料理 うみ

カウンター8席の隠れ家的割烹

三宮又は元町駅から北へ

タワーマンションの1階に佇む、”御料理 うみ”

和食割烹の佇まいだ

和食とイタリアンのコラボレーション

“御料理 うみ”は、和食とイタリアンの融合した割烹料理だ

店主がイタリアのシチリアにあるレストランで修行されたそうだ

電話で予約したのだが、仕込みと営業中の忙しい時間にしてしまったので繋がらず、諦めていたところ、次の日のお昼に店主さんから電話が!!

予約日を伝えると、快くOKしてくれた

店主1人で、仕入れから仕込みを行っているので、忙しい時は電話対応できないそうだ

ただ、折り返し電話してくれたことがすごく嬉しく感じた

おまかせのコースのみなので、アレルギーや嫌いなものはありませんと伝え、予約日に来店

まずは、乾杯!

薄グラスで飲むビールは一味違う

見た目は和食、中身はイタリアン

見た目は、”茶碗蒸し”

しかし、トマト風味の茶碗蒸しだ

茶碗蒸しとグラタンの中間のような食感で、チーズとトマトが効いている

こちらの自家製パンと一緒に食べるとさらに美味しい

和食とイタリアンのコラボレーションの意味が分かる一品だ

酢飯などは、バルサミコ酢でしめてあり甘くかつ濃厚な味わいだ

“うみ”名物のコーヒーで炊いた黒豆が美味しい

次は、店主さんおすすめの白ワインを頂いた

こちらは、店主さんが以前働いていたイタリアのシチリアの白ワインだ

辛口でスッキリだが、ハニーの甘さが口の中に残り飲みやすい口当たりになっている

香りを楽しむためにバルーングラスで

また、ワインクーラーが火鉢になっており、風流だ

“どら焼き”

中身は、餡ではなく、キャラメリーゼされたフォアグラが

甘い生地とフォアグラがマッチする

ジャムで甘く頂くか、岩塩でさっぱり頂くか悩みどころだ

見た目からも綺麗な盛り付けのパスタ

メインのお肉料理は、稲穂と筋子付きだ

稲穂は、ポップコーンのように揚げられており、中身を食べられる

お肉を食べるときに、塩ではなく塩味のある筋子を乗せて食べるパターンだ

全ては美味しい料理の為に

色々写真を上げたが、コースは日々の仕入れによって代わり

来店ごとに違う料理を出すようにこだわっているそうだ

店主さんの気遣いが素晴らしく、1人で手際よく調理をされていた

一品一品に驚かされ、器から料理まで素晴らしいおもてなしを受けた

イタリアンと和食のコラボレーション・マリアージュは最高だ

ホント、素敵なお店だ

各季節に1度は訪れて、様々な創作料理を頂きたい

御料理 うみ 神戸市三宮

元町駅から北へ徒歩5分

営業時間
18:00~22:30(最終入店20:00)
※ランチタイムも予約可能

定休日

日曜と不定休

公式HP : 御料理 うみ

食べログ : 御料理 うみ

完全禁煙 カード可

本日のお会計

おまかせコース

ビール・白ワイン(ボトル)

烏龍茶・ジンジャエール など

以上 4,3000円 也

↓あなたの気になるタグでサイト内検索↓

コメント