PR
スポンサーリンク

The洋食・ビフテキのHibio【スエヒロ】 大阪府 天六

ビフテキのスエヒロ
記事内に広告が含まれています。

2021年5月13日来店

ランチタイムに

ビフテキのHibio スエヒロ 天六店

に行ってきた。

今回は、神戸ではなく大阪へ。

地下鉄天神橋筋6丁目で下車し、ランチタイムを過ぎた2時あたりに入店。

かなり有名店らしく、店内は満席だったが、ちょうど入れ替わりですぐに入店することが出来た。

ビフテキのHibio スエヒロ 天六店

ビフテキという響きが懐かしい。

ビフテキは海外では庶民料理だが、日本では高級料理だった時代がある。

家族揃って外食する時の行きたいお店の一つがビフテキだったのだ。

その時代に生まれていなかった僕だが、「ビフテキ」の響きは懐かしく感じる。

ビフテキ=高級料理

今でもなぜかそう思ってしまう。

昔ながらの洋食屋

天神橋筋6丁目、通称天六の商店街から府道14号(関テレのある方)へ歩いて行くとお店がある。

商店街側からお店の方へ行くと看板がない!?

慌てて撮ったので指が入ってしまった。

昔ながらの洋食屋と聞いていたので、古い佇まいかと思いきや、リニューアルされていた。

店内はとても清潔感があり、明るい。

キッチンをセンターにカウンターが並び、奥にはテーブル席、2階席もある。

Jさん
Jさん

リーガロイヤルで腕を振るったシェフが丁寧にハンバーグの空気抜きをしていた。

調理風景が見られるのは嬉しい。ますますお腹が減るのだが・・・

メニューはシンプル!! The・洋食が楽しめる

シンプルなメニューだが、悩む!

メインをハンバーグにするか、ビフテキにするか、ポークにするか、エビフライにするか。。。

やはり、今日の気分のトンテキにしよう!

ポークチャップだ!

僕にとっては懐かしいはずはないのだが、なぜか懐かしい。

デーん!!

サラダにはフレンチドレッシング

付け合わせにシンプルなポテトサラダとミニトマト

パスタはトークチャップのソースを残すことなく楽しむために

そして、メインの肉厚ポークチャップ!

ボリューム満点でご飯がススム!!

店員さんが優しくて何度もお水を注いでくれた。

こういうところも昔ながらのサービスの行き届いた百貨店にある洋食屋のようだ。

ちなみに、相方は、A定食を注文!!

デーん!!

本当の人気店

僕が食事を終えるまで、満員御礼でテイクアウトもひっきりなしに来ていた。

この天六激戦区でこの人気は計り知れない。

常連さんが多かったように感じた。

歴史とこだわりがあって、美味しいという三拍子揃ったお店だった。

Jさん
Jさん

今度は、絶対にビフテキを食べよう!

ビフテキのHibio スエヒロ 天六 

大阪府北区 天六(天神橋筋6丁目駅より徒歩2分)

営業時間:

11:00~15:00
17:00~21:00

定休日:無し

食べログ: ビフテキのHibio スエヒロ 天六

完全禁煙

本日のお会計

ポークチャップ

以上 1200円 也

↓あなたの気になるタグでサイト内検索↓

コメント