PR
スポンサーリンク

宮崎から直送!!地頭鶏炙り焼き専門店 【ごて王 三宮総本店】神戸市 三宮

じとっこ ごて王
記事内に広告が含まれています。

2021年5月30日来店

ランチタイムに

炙り焼き専門店 じとっこ ごて王 三宮総本店

に行ってきた。

炙り焼き専門店 じとっこ ごて王 三宮総本店

居酒屋のランチ

三宮駅または元町駅から大丸方面へ約5分

1階にはビストロウエシマがあるビルの2階にある「ごて王」

お酒が飲めない時期なので、鶏刺しや馬刺しは我慢だな。

ということで、13時あたりに入店、ランチメニューがある。

階段を上がると、宮崎地鶏の提灯が。

ブランド地鶏の地頭鶏(じとっこ)を使用した鶏料理専門居酒屋だ。

宮崎地鶏を推しているお店で、店内には宮崎を中心に九州の焼酎の一升瓶が並ぶ。

お酒が飲めるのなら、地鶏と焼酎で一献いきたいところだが、我慢してランチメニューを拝借。

居酒屋の単品メニューがメインのようなので、ランチメニューはシンプルだ。

宮崎地鶏に宮崎の名物料理が並ぶ!全て鶏料理だ!鶏肉好きにはたまらない!

ランチメニューに唯一の豚肉料理を発見!!

さて、ここはもちろん鶏料理を選択だ。

「宮崎地頭鶏ごて焼き定食」を選択。

宮崎方言で「てげてげ」は聞いたことがあるが、「ごて」とはどういう意味だろうか?

宮崎地鶏の炙り焼きのことを「ごて焼き」と言うのだろう。

調べると、鶏のもも焼きのことを「ごて」と言うようだ。

昼間は、日差しがよく降り注ぐ明るい店内!

宮崎と地頭鶏を主張している!宮崎地鶏に絶対の自信があるのだろう!非常に楽しみだ!!

契約農場で朝どりされた新鮮な生素材をそのまま直送しているので、鮮度抜群の地鶏が出てくるだろう!

いよいよ登場!熱々の鉄板の上に宮崎地鶏「地頭鶏」が!

デーん!!

「宮崎地頭鶏ごて焼き定食」が登場!!!

鉄板から地頭鶏と野菜が焼けるいい匂いが!

ライブ感をお楽しみください(笑)

地頭鶏の下には分厚くカットされた甘辛い玉ねぎとキャベツが、そして、地頭鶏の上には柚子胡椒がこんもり。

やはり、地鶏には柚子胡椒が合う!

つけすぎず程よく味わうのが一番美味しい。

地鶏は、皮の部分はジューシーで弾力がある。身の部分は歯ごたえ抜群で噛むほど肉汁が口の中に溢れ出る。

親鳥ほど固くはなく、若鶏よりは歯ごたえがある!様々な年代の人が楽しめる地鶏だ!

鶏肉と対照的で、ご飯は柔らかく食がますます進む!

そして、

相方は、「宮崎名物チキン南蛮定食」を注文!

こちらも美味しそう!

常連さんも多く、長年やってきていることが伺える「ごて王」

早く、お酒を飲みながら絶品の鶏料理とお酒を楽しみたい!

もちろん、最初は鶏刺しを注文したい!!

炙り焼き専門店 じとっこ ごて王 三宮総本店

三宮 神戸市中央区(三宮駅・元町駅より南へ徒歩5分)

営業時間

1130〜1500

1700〜2400

定休日

なし

公式HP:じとっこ ごて王

食べログ: じとっこ ごて王

全席喫煙可 カード可

本日のお会計

宮崎地頭鶏ごて焼き定食

以上 1,100円 也

↓あなたの気になるタグでサイト内検索↓

コメント